今回も恋スキャFXのロジックに関する記事になります

【実戦した通貨ペア】

GBPJPY

【獲得利益】

38pips

 

前回、恋スキャFXを「ドラゴンストラテジーFX」で実戦してみたでご紹介したトレードを

もう少し掘り下げて内容を検証していきたいと思います。

 

FXは過去相場の検証が何よりも今後の成功に繋がります。

私は時々、過去の成功トレードのプロセスをじっくり研究を行います。

勿論、負けトレードの見直しも大切です。

 

ちなみに、上記で使用していいるシグナルはこちらのソフト

最近、よく使っているシグナルです。

「ドラストFX」

というシグナルなのですが、トレンドの状態を確認しやすいので

順張り・逆張りいずれの戦略に有効です。

 

実はこの時のトレード時の環境は全体的に買いのトレンドであり、

所々落ちてはいますが買い優勢な相場でした。

この日ドル円は124円にまで到達したと記憶しています。

また、日経平均の伸びも非常に好調で、2万円台を記録したと思います。

 

ドル円と日経平均は相関性が非常に高いので、

日経平均の影響がかなり出やすい通貨ペアです。

この為、ドル円が高騰すればクロス円にも少なからず影響がでます。

 

ドル円高騰(124円突破)

ドルにつられポンド円も上昇

 

これらがこの時の利食いに繋がったと考えられます。

また、直近の高値を抜けた所でエントリーしたことも

恐らく利食い成功の理由であると考えられます。

 

現在は円安・ドル高の状態にあります。

ドル円は125円に到達しましたね。

一部の経済学者の間では、近い将来128円に到達することも考えられるとのこと。

まぁ、先のことはどうなるかは分かりませんが、

やはり現段階でドルは買い目線が強いのではないかと感じます。

 

ただ、一気に急騰した後の暴落も考えられるので

今後も慎重にトレード戦略を立てて行きたいと思います

>>恋スキャ野詳細はこちら