2本のラインが勝敗を決める!!!

たった2本のラインが導くFX勝利の方定式とは?

相場は生き物です。

常にトレーダーの集合心理によって、レートが小刻みに変化していきます。

この点においては、FXを始めたばかりの方はご存じ無い方もいると思います

 

勝ち組トレーダーは常に勝算の高い相場に絞って売買を繰り返します。

FXは、簡単に言えば勝ち逃げで終われば資金も増えますし、

逆に、以下に損失を抑えるかも重要な課題となってきます

 

スキャルピングで勝ち続ける為の重要なテクニックでも書きましたが、

まずは抵抗ラインを見極めることから始まり

そこから損切り・利益確定となるポイントを絞っていきます

 

上記は、一般的に「ターゲッティング」と呼ばれているものであり

FXで勝ち続ける為には絶対に必要なテクニックと言っても過言では無いでしょう。

 

まずは、チャートにサポートライン・レジスタンスラインを引いてみましょう。

線の結び方は様々ですが、

一般的なラインの引き方として、陰線と陽線が2本以上並んでいる個所を結びます

【ラインの引き方例】

↑チャートには2本のラインと、トレンドラインを引いてみました

時間足」は5分足になります

 

ライントレードのメリットとは?

反発を事前に予想出来る

利益を最大に引き延ばせる

損失を最小に食い留めることが出来る

 

投資の世界においては、資金管理が最も大切です。

利益を最大に引き延ばし、損失を最小に抑えることも資金管理の一環であると言えるでしょう。

「レジスタンス反転でショートで入る(逆張り)」

もしくは、

「レジスタンスラインを抜けブレイク確認後にロングエントリー(順張り)」

など、

相場の状況に合わせて様々な戦略が可能となります

これこそライントレードの最大の魅力と言えるでしょう。

 

一般的なFX教材の多くはシグナルソフトであることが多く

シグナルが出るまでじっと待ち状態であることもしばしま。

 

ライントレードはこうしたシグナルソフトのダマシを見抜くことも可能であり

使い方次第で大きな戦力となるのです。

 

私はこの他にも様々なブログを運営しており

読者様から相談メールを多数頂きます。

中には、ある商材を実践した所、負けが続き、遂に資金が底尽きてしまった

というご相談も頂いたことがあります。

 

この様な方は初心者であることが多く

資金管理がきちんと行われていない方が多いのも特徴です。

また、単純に何らかのシグナルに従っていれば簡単に勝てるなどと、

誤解をしている方が結構います^^;

 

確かに、シグナルソフトのロジックに見合った相場であれば勝てるかもしれませんが、

そうじゃない相場の場合は普通に負けます。

有効なシグナルをしっかり見極めることが大切です。

 

私は以前、シグナルソフトを使ってトレードをしていました。

今でも優位性の高いシグナルは常用しています。

しかし、最終的にエントリーを決めるのは裁量判断です

 

もちろん、エントリーの判断材料になるものと言えば

「レジ・サポライン」

です

 

たった2本のラインをチャートに引くだけで

相場が存在し続ける限り利益を生み出して行く

。。。。と言っても過言では有りません^^

 

是非あなたも相場の本質をマスターしてみませんか??

>>>FX-jinのたった2本のラインが導く勝利の方程式