スキャルピング(Scalping)とは、本来なら「皮を剥ぐ」という意味合いになります。

一般的に5分足・1分足がメインで行われる短期売買の手法の部類になりますが、

15分~4時間足などでも実践は可能です。

あえて言えば、

”相場の隙間を狙う手法”

とも表現出来ると思います。

 

前述した様に、スキャルピングは全ての時間足で実践が可能です。

順張り・逆張りと、大きく分けて2つの手法に分かれますが、

順張りで攻めるか、逆張りで攻めるからその日の相場次第です

抵抗ラインの見極めが利食いの鍵である

FXのトレードにおいて重要なポイントとは、

資金管理

重要ラインの見極め

この2つを徹底することで全体的な勝率は着実に伸びていくことでしょう。

同時に、タータル的な勝ちに繋がります。

 

これはどうゆうことかと言うと、

適度なタイミングでエントリー・利益確定を繰り返すことで

トータル的な勝ちに繋がると考えております。

 

適度なタイミングで利益確定・損切りを行うことで

全体的な資金管理にも繋がり、

結果的に安定した収益に繋がっていきます。

 

資金管理においては、損失を自己資金の約2%に押さえるのが理想とされ、

プロフィットファクターで言えば、

損失と利益の割合を常に1以上にすることが望ましいとされます。

 

「適度なタイミングで利益確定」

「ダメなら損切り」

これに繋がるのは重要ラインの見鍬めが関連してきます。

 

重要ラインとは、

「サポートライン」

「レジスタンスライン」

 

大きく分けてこの2つのラインに絞られます

どのラインを重要視するかは、その日の相場の動きにより異なります。

重要ラインである程反発する確率が高くなる為

損切り・利益確定の目安となるわけです

 

この意味が理解出来ない場合、

はっきり言ってFXで勝ち続けることはまず不可能です。

仮に利益を出せていたとしても、

長期的に安定した利益を出し続けることはまず無理です。

重要ラインの見極めが利食いの鍵となり、

同時に無駄な損失を抑えることにも繋がります


時に、重要なラインを大きく抜けて、上下にブレイクする場合も有りますが、

重要ライン付近は反発が起こりやすいということを頭に入れておきましょう。

 

巷には

「サインに従うだけで誰でも勝てる」

。。。という類のシグナルソフトが多く出回っていますが、

システムトレード寄りのスタイルにはやはり限界があります。

 

そうした、システムトレードの精度を上げるきっかけとなるのも、

やはり重要ラインの見極めです

是非この機会に「ライントレード」を取り入れてみましょう。

 

ライントレードマスタースクール

FXライントレード・マスタースクール


たった2本のラインをチャートに引くだけで、

相場からいつでも利益を引き出せるようになれる!

FX-jinのレイントレードテクニックを最速マスター!